fc2ブログ

『日本と世界を揺り動かす物凄いこと』:雨読夜話

ここでは、「『日本と世界を揺り動かす物凄いこと』」 に関する記事を紹介しています。
日本と世界を揺り動かす物凄いこと
日本と世界を揺り動かす物凄いこと
増田 悦佐
マガジンハウス 2011-08-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本と世界を直撃するマネー大動乱
マネジメントの日米逆転が始まる
いま資産を守るためにいちばん大切なこと―大恐慌を読み解く10の真実
2012年・空前の日本投資ブームが始まる
それでも「日本は死なない」これだけの理由──なぜ欧米にできないことができるのか


増田悦佐による、現在の世界経済を語っている作品。

ここ2年くらい量産していて、例えば『それでも「日本は死なない」これだけの理由──なぜ欧米にできないことができるのか』などと内容が重なるところも多いが、少しずつ新たな情報を組み込んでいるあたりは上手いと思う。

本書で最も印象に残っているのは、エネルギー関連の話題である。

まず、化石燃料の使用で大気中の二酸化炭素が増大→温室効果で地球温暖化→海面上昇という通説が、どうやらウソらしいと判明していることが書かれている。
クリントン時代に副大統領を務めたアル・ゴアによる『不都合な真実』で主張されていたこともそうで、ゴア自身が正しくなかったと認めているという。
このキャンペーンがどのあたりから出てきたかといえば、石油業界が石油価格をつり上げることを意図してのものということで、それはある程度成功していると思う。

また、太陽光や風力のエネルギーがいかに割に合わないかを具体的な数字を用いて解説していて、慌ててこの手のエネルギーに切り替えると大変なことになることが分かる。
原子力を使用しづらい現在、さし当たっては天然ガスや石炭の効率的な利用が現実的だと思う。

メディアで流布される風説のあやしさを突いていて、興味深い内容だった。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 増田悦佐,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック