『八大文明』:雨読夜話

ここでは、「『八大文明』」 に関する記事を紹介しています。
八大文明
八大文明外村 直彦
朝日出版社 2008-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
脱欧入近代
マネジメントの日米逆転が始まる
奇跡の日本史―「花づな列島」の恵みを言祝ぐ
いま資産を守るためにいちばん大切なこと―大恐慌を読み解く10の真実
ヒトデはクモよりなぜ強い 21世紀はリーダーなき組織が勝つ


これまでに興亡してきた文明を類型化し、大文明は8つとしている作品。
以前読んだ『格差社会論はウソである』で参考文献に挙げられており、関心を持ったので読んでみた。

まず、これまでの文明論で大文明を選択した基準があまりに恣意的で偏りがあると問題提起しており、大文明の基準としてたどった歴史や期間によるパターンなど、比較的当てはめやすい基準で文明を分類し、結果として8つが大文明だったとしている。
その中でも統一政権タイプのA型5文明と小国並立タイプのB型3文明を分け、下記の通りとしている。
    大文明A型
  • エジプト文明
  • 中国文明
  • アンデス文明
  • 日本文明
  • 西欧文明
    大文明B型
  • シュメール文明
  • インド文明
  • ギリシャ・ローマ文明

その上で、それぞれの文明の特徴や、大文明に当てはまらない一般文明がなぜ当てはまらないかの理由、文明による様式などのテーマを扱っている。
また、近代化と西欧化の違いについても語っており、多くのことを考えさせられる。

個別の文明の例についてはよく知らないことが多くて少し入り込めない部分もあったが、全体的にはかなり興味深く読んでいくことができた。



脱欧入近代脱欧入近代

外村 直彦
溪水社 2003-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック