fc2ブログ

『ブロンズの使者』:雨読夜話

ここでは、「『ブロンズの使者』」 に関する記事を紹介しています。
ブロンズの使者 (創元推理文庫)
ブロンズの使者 (創元推理文庫)
鮎川 哲也
東京創元社 2003-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
材木座の殺人 (創元推理文庫)
太鼓叩きはなぜ笑う (創元推理文庫)
クイーンの色紙 (創元推理文庫)
モーツァルトの子守歌 (創元推理文庫)
サムソンの犯罪 (創元推理文庫)

安楽椅子探偵ものミステリである三番館シリーズの第3集。
一人称のハードボイルド探偵が、バー・三番館を訪れダルマに似たバーテンが見事な推理を行う。

当初のアリバイ崩しから本格推理の種類が多彩になってきて「マーキュリーの靴」や「塔の女」のような人間消失ものも出てくる。

本格推理にこだわる著者らしく、決して反則を使ったりせず状況からの盲点を巧みに生かし、最後にあっと言わされてしまい、思わずニヤリとしてしまう。

ここ数年読んだ中では黒後家蜘蛛の会、怪盗ニックとともに好きなシリーズ物ミステリ。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 鮎川哲也,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック