『タダで入れる美術館・博物館-お得で楽しいTOKYO散歩』:雨読夜話

ここでは、「『タダで入れる美術館・博物館-お得で楽しいTOKYO散歩』」 に関する記事を紹介しています。

タダで入れる美術館・博物館-お得で楽しいTOKYO散歩icon
新潮OH!文庫

東京散策倶楽部(著者)

新潮社
2000/10/10


タイトル通り、東京にあるタダで入れる美術館や博物館を紹介している本。
以前東京に住んでた頃に購入して転勤の際に手放したが、再度東京に住むようになり、絶版になっていたのでブックオフで105円で販売されていたものを購入した。

本書の編集方針として、タダで入れるだけでなく面白いということでも厳選していると書いている。
予約が必要だったり1年のうち限られた期間しか開館していなくて入りにくいところもしばしばあるが、この内容でタダ!というところも多い。

まず目に付いたのは目黒寄生虫館で、知人に聞いたことがあって少し引いていたが、行ってみたくなった。
次に、日本橋にある貨幣博物館は、先日三井記念美術館へホノルル美術館所蔵「北斎展」を観に行った際に近くまで来たものの、疲れていて結局行かなかったので、今度行ってみるつもりである。

また、早稲田大学や明治大学の中にある刑事博物館や考古博物館も面白そうだった。
大学の博物館というのはあまり意識することがないので、こうした博物館にもいくつか行ってみたくなった。

他にも警察博物館や大蔵省印刷局記念館(お札と切手の博物館)といった官公庁による博物館、区立や市立の美術館などが紹介されており、興味深いものがいくつもあった。

開館時期やアクセスを確認しつつ、少しずつ行ってみたくなる1冊だと思う。



[基本的に無料のところが多い、東京内にある大学の博物館を紹介している作品]
TOKYO大学博物館ガイド (P‐Vine BOOKs)TOKYO大学博物館ガイド (P‐Vine BOOKs)
大坪覚

ブルース・インターアクションズ 2009-08-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック