fc2ブログ

『クイーンの色紙』:雨読夜話

ここでは、「『クイーンの色紙』」 に関する記事を紹介しています。
クイーンの色紙 (創元推理文庫)
クイーンの色紙 (創元推理文庫)
鮎川 哲也
東京創元社 2003-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
材木座の殺人 (創元推理文庫)
ブロンズの使者 (創元推理文庫)
モーツァルトの子守歌 (創元推理文庫)
太鼓叩きはなぜ笑う (創元推理文庫)
サムソンの犯罪 (創元推理文庫)

控えめなバーテンの名推理が冴える三番館シリーズの第5集。

前作の『材木座の殺人』で少しずつ変則的なパターンが出だしていて、本書でも探偵や弁護士が登場しない作品(表題作、鎌倉ミステリーガイド)やバーテンが三番館を離れて活動する作品(秋色軽井沢)が出てきてシリーズに微妙に多彩さを加えている。

派手なトリックを駆使するわけではないが、事件解決の糸口を用意つつ、読者にそれを気付かせないようにストーリーを進めるという、本格派らしさを味わうことができる。

表題作のクイーンというのはミステリ作家のエラリー・クイーンのことで、著者は日本のクイーンとでも言える存在らしい。
クイーンは読んだことがないが、そのうち読んでみようかと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 鮎川哲也,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック