『マンガで読む 「分かりやすい表現」の技術』:雨読夜話

ここでは、「『マンガで読む 「分かりやすい表現」の技術』」 に関する記事を紹介しています。
マンガで読む 「分かりやすい表現」の技術 (ブルーバックス)
マンガで読む 「分かりやすい表現」の技術 (ブルーバックス)
カノウ (著), 銀杏社 (著)
講談社 2011-10-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール (ブルーバックス)
「分かりやすい文章」の技術―読み手を説得する18のテクニック (ブルーバックス)
「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)
マンガで読む 計算力を強くする (ブルーバックス)
「分かりやすい教え方」の技術―「教え上手」になるための13のポイント (ブルーバックス)


以前読んだ藤沢晃治著『「分かりやすい表現」の技術』をマンガ化した作品。

ストーリーとして新社会人の桜野リオがデザイン事務所に入社し、いかにして分かりやすい資料を作成するかということを学ぶ構成で描かれている。

リオが先輩の岩下から厳しい指導を受けるという形式で解説が進んでいくので、原作以上に読みやすくなっている。
その一方、マンガという形式やページの都合上具体的な例は少ないので、そうした部分は原作に進んでいけばいいのだろう。

さらっと読み進むことができ、入門書としてまずまずだと感じた。




[講談社ブルーバックスから出ているマンガ]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック