fc2ブログ

『南極点のピアピア動画』:雨読夜話

ここでは、「『南極点のピアピア動画』」 に関する記事を紹介しています。
南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)
南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)
野尻 抱介 (著), KEI (イラスト)
早川書房 2012-02-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)
太陽の簒奪者 (ハヤカワJA)
探査機はやぶささん
沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)
天冥の標6 宿怨 PART1 (ハヤカワ文庫JA)


ボーカロイドの小隅レイと、ニコニコ動画をモデルとしたピアピア動画が重要な役割を果たしている、近未来を舞台としたSF連作。
下記の4作が収録されている。
  • 月面に彗星が衝突し破片が飛び散ったために宇宙開発に障害が出るが、ある種の気流が発生したのを利用して宇宙進出を果たそうとする表題作
  • あるコンビニにあった真空殺虫器での発見が、・・・・・・・・につながっていく「コンビニエンスなピアピア動画」
  • 小隅レイやピアピア動画を押し出して予算を獲得した潜水艦で、海底探査をして事件が発生する「歌う潜水艦ととピアピア動画」
  • 「歌う潜水艦ととピアピア動画」の続編として書かれている「星間文明とピアピア動画」

タイトルやカバーからは萌え系のライトノベルっぽい印象を受けるが、この著者らしく登場させた小道具をしっかりと活かしていたり、どんどんエスカレートしていくストーリーとなっていたりで、かなり楽しみながら読んでいくことができた。
小ネタも多く、ネタバレになるのであまり具体的に書けないのが残念である。

例えば後ろの2作に登場するあるキャラクターの名前は、AKB48のメンバーである森川彩香のニックネームを連想したし、小学生の名前が某掲示板サイトの管理人だったので半笑いしたりもした。

きわめつけは、ニコニコ動画を運営している株式会社ドワンゴの会長が解説を書いていることで、著者のニコニコ動画に対しての皮肉に対しての弁解?を述べているところも面白い。

先日読んだ著者の『ふわふわの泉』の流れをくむ作品で、SFとしてもエンターテイメントとしても良作だと感じた。

ニコニコ動画や初音ミクをそれほど知らなくても十分楽しむことができる。
正直それほどこれらは知っているわけではないので、気が向けば試してみようかとも思う。



AKB48 生写真 AKB48 in TOKYO DOME 1830mの夢『森川彩香』AKB48 生写真 AKB48 in TOKYO DOME 1830mの夢『森川彩香』

AKS

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

初音ミク/Blu-ray 「ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート~こんばんは、初音ミクです。〜」初音ミク/Blu-ray 「ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート~こんばんは、初音ミクです。〜」

ジェネオン・ユニバーサル 2010-09-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 野尻抱介,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック