『百鬼斬り 四十郎化け物始末2』:雨読夜話

ここでは、「『百鬼斬り 四十郎化け物始末2』」 に関する記事を紹介しています。
百鬼斬り 四十郎化け物始末2 (角川文庫)
百鬼斬り 四十郎化け物始末2 (角川文庫)
風野 真知雄
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
幻魔斬り 四十郎化け物始末3 (角川文庫)
妖かし斬り   四十郎化け物始末1   (角川文庫)
濤の彼方 妻は、くノ一 10 (角川文庫)
夢泥棒 女だてら 麻布わけあり酒場3 (幻冬舎時代小説文庫)
未練坂の雪 女だてら 麻布わけあり酒場2 (幻冬舎時代小説文庫)


浪人の四十郎が妖怪がらみとされる事件を解決していく時代小説である、四十郎化け物始末シリーズの第2作。
前作が面白かったので続けて読んだ。

本作では、下記の4編が収録されている。
  • 「閻魔のざるそば」
  • 「首洗い屋敷」
  • 「化け猫が足を食う」
  • 「百鬼夜行を追え」

前作から出てきた妻のお静や近所に住む美女の桃千代の他、江戸町奉行の遠山金四郎をはじめとする北町奉行所のメンバーなども登場し、それぞれの作品が時系列でつながっているのもいい。
北町奉行の遠山金四郎が味方、南町奉行の鳥居耀蔵が敵役というのはベタではあるが、分かりやすい。

時代小説版ライトミステリーという感じの作品で、今回も楽しめたと思う。



[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 風野真知雄,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック