『女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉』:雨読夜話

ここでは、「『女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉』」 に関する記事を紹介しています。
女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)
女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)
野尻 抱介 (著), むっちりむうにぃ (イラスト)
富士見書房 2006-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)
太陽の簒奪者 (ハヤカワJA)
南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)
ヴェイスの盲点―クレギオン〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)


野尻抱介による、近未来を舞台としたSFライトノベルのシリーズ第1作。

話は、南太平洋のソロモン諸島にある日本の宇宙基地で始まる。
度重なるロケット発射失敗で後がなくなった日本の宇宙開発機関では、予算打ち切りを避けるために有人の小型ロケットを検討することになった。

ただしそのためにはパイロットの体重も軽くする必要があって悩んでいたところに、父親探しにソロモン諸島へやってきた女子高生のゆかりが遭遇することになる。

そこからはなりゆきでパイロットとして契約することになり訓練して・・・という、ライトノベルにありがちな展開となるが、これまでに読んだ著者の作品、例えば『沈黙のフライバイ』『ふわふわの泉』のように、細かな設定がしっかりしているので、わりと安心して読んでいくことができる。

本書が書かれたのは15年以上前の1995年ということだが、さほど古びていないところもすごいと思う。
気軽に楽しむことができたので、気が向けば続編も読んでみるかもしれない。



     [本書の新装版]
      
女子高生、リフトオフ!  (ロケットガール1)女子高生、リフトオフ! (ロケットガール1)

野尻 抱介
早川書房 2013-11-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


     [本書の続編]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 野尻抱介,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック