『改訂新版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算』:雨読夜話

ここでは、「『改訂新版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算』」 に関する記事を紹介しています。
改訂新版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 (基本情報技術者試験 らくらく突破)
改訂新版 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 (基本情報技術者試験 らくらく突破)
イエローテールコンピュータ株式会社 原山 麻美子
技術評論社 2012-02-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
平成24年度【秋期】 基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)
基本情報技術者大滝みや子先生のかんたんアルゴリズム解法―流れ図と擬似言語―第2版
キタミ式イラストIT塾 「基本情報技術者」 平成24年度
基本情報技術者試験 アルゴリズムと表計算
福嶋先生の基本情報技術者 集中ゼミ 【午後・アルゴリズム編】 2012年版―アルゴリズムにメキメキ強くなる学習ツール!


先日受験した基本情報処理試験の結果が発表され、合格していて嬉しかった。
今回記事にした本書は、午後の試験対策として購入・学習したものである。

午後の試験にはプログラム系統の問題があり、C言語、COBOL、Java、アセンブラ、表計算の5種類から1つを選択することになっていて、この中で最も手がつけやすそうな表計算を選択することを決めていた。
この表計算は、Microsoft Excelなど表計算ソフトの関数とマクロに関する問題であり、学んだことがそのままExcelでの活用につながり、無駄がない。

おそらく関数を学び始めてまずつまづきそうなのは相対参照と絶対参照の違いのところと思っていて、これを理解すればけっこう選択肢を絞り込むことができる。
これに限らず関数のパターンを目にしておくことで、試験の際に問題に取りかかる時間を短縮できる。

本書では表計算の基本仕様から始まってセルの参照、計算用の関数・・・と順を追った構成になっていて、わりと無理なく学習を続けることができたと思う。

実際の試験では、学習時にあまり出題されると思っていなかった平方根の関数が出てきて少々焦ったが、そのような関数があると知っていたので助かった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
タケゾウさん
返答遅れすみません。

学習して初めて知った機能が多く、使いこなせていなかったことを痛感しています。
おそらく他の分野でも同様のことが多いはずなので、何事も学習を続けなければと思ったりします。
2012/11/22(木) 22:51 | URL | ufit #-[ 編集]
≪この表計算は、Microsoft Excelなど表計算ソフトの関数とマクロに関する問題であり、学んだことがそのままExcelでの活用につながり、無駄がない。≫

 確かにEXCELを使う上で、表計算、マクロ、それに加えてオートフィルタ(データベース機能)が使えればEXCEL機能の8~9割を使えるようになるといっても過言ではと想います。実際に私も使う機能の99%がこの3つの中に当てはまります。

2012/11/21(水) 12:29 | URL | タケゾウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック