『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』:雨読夜話

ここでは、「『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』」 に関する記事を紹介しています。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 シナリオ・ガイドブック (キネ旬ムック)踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 シナリオ・ガイドブック (キネ旬ムック)

君塚 良一
キネマ旬報社 2012-09-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨日、踊る大捜査線シリーズの劇場版最新作を映画館へ観に行った。
実を言うと、これまでこのシリーズはまともに観たことがなく、単に気が向いて行ったということになる。

本作はドラマの時期からかなり時間が経っている設定となっており、主人公の青島(織田裕二)が強行係の係長、そして真下(ユースケサンタマリア)が署長となっている。

そして、ドラマでは登場していなかったと思われる、伊藤淳史や内田由紀が新キャラクターとして登場している。(これまでの劇場版には出ていたのかもしれないが、確認していない)

ストーリーとしては、警察内部の不祥事と、その背景にある警察上層部の官僚主義的なところや隠蔽体質の問題を扱っている。
他の作品はどうなのかよく知らないが、警察がらみの作品らしく仕上がっていると思う。

また、事件の舞台が先日特別展「ウメサオタダオ展 —未来を探検する知の道具—」を観に行った日本科学未来館だったので、かなりテンションが上がった。

色々と小ネタも用意してあり、このシリーズが人気がある理由の一部が分かったように思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック