劇場版『のぼうの城』:雨読夜話

ここでは、「劇場版『のぼうの城』」 に関する記事を紹介しています。
のぼうの城 通常版 [DVD]のぼうの城 通常版 [DVD]
(2013/05/02)
野村萬斎、佐藤浩市 他

商品詳細を見る


2008年にベストセラーとなった和田竜の歴史小説『のぼうの城』の映画版。
狂言師の野村萬斎が主演ということで面白そうだったので、週末に観に行った。

ストーリーは北条氏の家来に当たる成田氏が治める武蔵の忍城(おしじょう)で、城主の一族である”のぼう様”こと成田長親(なりたながちか)が、石田三成率いる豊臣軍を相手に籠城戦をするというもので、ほぼ原作通りに作られていたので好感が持てた。

まず長親役の野村萬斎の狂言さながらの動きととぼけた演技が面白いのが目に付き、そして脇を固める佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴らの演技も良かった。
また、敵将の石田三成を演じる上地雄輔はそれほどいいと思わなかったが、副将格の大谷吉継を演じた山田孝之が良かったと思う。
山田は先日観た劇場版『闇金ウシジマくん』で丑嶋も演じていて、ひげを生やした役が多い。

TBS開局60周年記念作品ということで、かなり力とカネをかけた映画ということが、配役や映像から伝わってきた。
歴史好きでなくても楽しめる作品という評価がなされているというニュースを見たが、確かにそうだと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 和田竜,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
[野村萬斎] ブログ村キーワード 当時『メイキングオブ乱』スタッフとしてまだ高校生だった頃の「野村萬斎さま」=鶴丸へ、黒澤監督が如何に優しく演技指導されていたかを記録させて
2012/11/08(木) | 『黒澤映画ゼミナール』~黒澤明的リーダーの条件~