『ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』:雨読夜話

ここでは、「『ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』」 に関する記事を紹介しています。
ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法
ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法
pha
技術評論社 2012-08-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方
元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアル
ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
プレーンソング (中公文庫)
ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法


日本一のニートを自称する人物による、ニートという生き方もひとつの方法であることを語っている作品。
著者は京都大学を卒業して一般企業に就職したが、性格的に会社に勤める生き方が苦痛だったという。
その後インターネットやプログラミングを趣味としたことをきっかけに、会社を辞めてニートとしての生活を始めることとなる。

元々内向的だった著者だが、インターネットによる仲間たちとのつながりや、シェアハウスを活用すること、アフィリエイトやせどりなどを行うことで、それなりに楽しい生活を送っていくようになる過程を書いている。

当然それまでは試行錯誤も多くやっていたようで、ニート生活を送る上での実践的なアドバイスも充実していて、ニート以外にも役立つ内容も多い。

一般的には正社員として会社に勤めて・・・というモデルを送ることを周囲から求められるわけだが、職場や人間関係、性格的なところなどから苦痛を感じる人はあまりに多い。
そうしなければならないという観念にとらわれて自殺したり病気になるくらいなら、ニートという生き方もあることを語っていて、少し気が楽になる。

著者はかなりの読書家のようで、多くの本が紹介されているのもいい。
もちろん人によって向き不向きはあるが、大いに参考になる1冊だったと思う。



[本書で紹介されていた作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
タケゾウさん
コメントありがとうございます。

仕事でつらいことが重なって思いつめそうになることもありますが、こうした本を読むと体調を崩したりうつ病になるくらいなら、一旦リセットするのも一つの手かもしれないと思ってしまいます。
多くの選択肢が選べる社会、ある程度の余裕が持てる社会であって欲しいと考えています。

2012/11/20(火) 21:49 | URL | ufit #-[ 編集]
≪一般的には正社員として会社に勤めて・・・というモデルを送ることを周囲から求められるわけだが、職場や人間関係、性格的なところなどから苦痛を感じる人はあまりに多い。
そうしなければならないという観念にとらわれて自殺したり病気になるくらいなら、ニートという生き方もあることを語っていて、少し気が楽になる。≫

 正社員のパイが減っていく中で、少ないパイを椅子取りゲームのごとく取り合う、不健全な競争社会は限界に来ていると思います。
 アフィリエイトやせどり等、個人単位でも自営で出来る新しい仕事の方法が生み出されているなかで、雇われずに収入を得る新しい生活の方法として一般社会にこの本のような生き方が定着して欲しいと思いました。
 

2012/11/20(火) 13:02 | URL | タケゾウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/06/09(日) 21:41:28.17 ID:NnBacrbw0 ?2BP(1112)http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1306/1306008.html
2013/06/10(月) | 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版