fc2ブログ

『銀河英雄伝説 1 黎明編』:雨読夜話

ここでは、「『銀河英雄伝説 1 黎明編』」 に関する記事を紹介しています。
銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)
田中 芳樹
東京創元社 2007-02-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
銀河英雄伝説〈3〉雌伏篇 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説〈4〉策謀篇 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説〈6〉飛翔篇 (創元SF文庫)


田中芳樹による、『アルスラーン戦記』や『創竜伝』と並ぶ代表的なシリーズ作品である通称『銀英伝』を文庫化した作品の第1作。

人類が宇宙に進出した時代、多くの経緯を経て絶対君主制の銀河帝国と、それに対抗する自由惑星同盟に分かれ、戦闘が膠着状態となっていた。
その状況から、銀河帝国では皇妃の弟として将軍となったラインハルト、そして自由惑星同盟ではなりゆきで軍人にならざるを得なかったヤン・ウェンリーが頭角を現し、戦局に大きな影響を与えていくこととなる。

銀河帝国、そして自由惑星同盟のそれぞれの内部でも、権力争いや政治的な駆け引きがなされ、銀河帝国の自治領だが自由惑星同盟とも交易を行っているフェザーンの動向なども絡んで、かなり厚みのある構成となっている。

本書では1冊目ということもあってストーリーの進行はそれほど早くないが、それでもラインハルトが権力を徐々に掌握したり、ヤンが嫌がりながらも出世していくなど、今後への展開が期待できる話も多い。
かなり長い作品ではあるが、少しずつ読んでいくことになるかと思う。



[本書の続編]
銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)

田中 芳樹
東京創元社 2007-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 田中芳樹,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック