fc2ブログ

『分身』:雨読夜話

ここでは、「『分身』」 に関する記事を紹介しています。
分身 (集英社文庫)
分身 (集英社文庫)東野 圭吾
集英社 1996-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
悪意 (講談社文庫)
変身 (講談社文庫)
宿命 (講談社文庫)
眠りの森 (講談社文庫)
片想い (文春文庫)

鞠子(マリコ)と双葉、他人のはずなのになぜか似ている2人が、それぞれの出生の秘密を知ることになる先端医学ネタのサスペンス。

この小説に登場するクローンやキメラという遺伝子技術は、学生時代に教養科目で家畜を対象とした遺伝子研究の講義を受講したことがあるため、すんなりと理解ができた。
(クローンもキメラも、羊などではそれなりに成功例がある)

途中から展開が読めてきたが、伏線の張り方や舞台の変化が鮮やかで一気に読み進むことができる。また、鞠子、双葉それぞれの章に登場するレモンという小道具がいい味を出している。

SFではクローンやキメラなど珍しくもなんともないが、ヒトゲノムが解読される時代である現在では現実に起こりうる話なので、怖さがひしひしと感じられる。


モロー博士の島 (創元SF文庫)モロー博士の島 (創元SF文庫)

H.G. ウェルズ
東京創元社 1996-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 東野圭吾,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック