『ツレがうつになりまして。』:雨読夜話

ここでは、「『ツレがうつになりまして。』」 に関する記事を紹介しています。
ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
細川 貂々
幻冬舎 2009-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
7年目のツレがうつになりまして。
イグアナの嫁 (幻冬舎文庫)
こんなツレでゴメンナサイ。
あなたの大切な人が「うつ」になったら


著者のご主人がうつ病になったことを扱っているコミックエッセイ。
病気が発覚する過程から、そのつらさ、病状が改善したり悪化したりのエピソードがリアルかつコミカルに描かれている。

精神的な病気は自分で気付きにくく「病識がない」というらしいが、本書のケースでは著者が異常に気付いて医者にかかるよう勧めたために病気が判明している。
おそらく自殺などでも実際はうつ病などの精神的な以上が関連していることも多いのではないかと気付かされる。

本書はけっこう売れてドラマ化もされ、うつ病がかならずしもまれに発生するものではないことを知らせるという意味で、社会的に有益な作品だと思う。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック