『泣けるAKB48メンバーヒストリー 少女たちの汗と涙の軌跡』:雨読夜話

ここでは、「『泣けるAKB48メンバーヒストリー 少女たちの汗と涙の軌跡』」 に関する記事を紹介しています。
泣けるAKB48メンバーヒストリー 少女たちの汗と涙の軌跡
泣けるAKB48メンバーヒストリー 少女たちの汗と涙の軌跡
本城零次
サイゾー 2011-06-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
AKB48ヒストリー ~研究生公式教本~
48現象
AKB48最強考察
前田敦子はキリストを超えた: 〈宗教〉としてのAKB48 (ちくま新書)
AKB48神公演クロニクル ~少女たちは劇場で何を叫んだか~


2011年の第3回選抜総選挙の前くらいに出た、AKB48のメンバー別のエピソードを紹介しているノンフィクション。
入っているメンバーは第2回選抜総選挙の選抜メンバー21名と、じゃんけん選抜でセンターとなった内田眞由美の22名である。

長年センターを務めて昨年夏に卒業した前田敦子や第4回選抜総選挙で第1位に返り咲いた大島優子、現在は48グループ総監督としてメンバーたちをまとめる高橋みなみなど、メンバーたちの個性やそれまでの活躍を知ることができる。

本書で扱われているメンバーも昨年から今年にかけて覚えているだけでも、
  • 板野友美、河西智美 : 卒業予定
  • 指原莉乃 : 色々あってHKT48へ移籍
  • 増田有華 : 色々あってAKB48の活動を辞退
  • 峯岸みなみ : 色々あって研究生へ降格、頭を丸める
  • 宮澤佐江 : 組閣でSHN48移籍
  • 高城亜樹 : 組閣でJKT48移籍
  • 小野恵令奈 : 留学という理由で卒業したはずが、1年後ソロとして再デビュー
と、かなりの変化を続けていることが分かる。

もちろん在籍中で活躍を続けるメンバーも多く、大島や小嶋陽菜の映画やドラマへの出演、板野、柏木由紀、渡辺麻友らの歌手デビュー、指原の多方面にわたるメディアへの露出など、いくぶん落ち着き気味のような気もするが、着実にキャリアを重ねている。

直近で言えば一昨日の24日、本書に出てくる佐藤亜美菜と倉持明日香(それと本書には出ないが中村麻里子)がミュージシャンの向谷実によるニコニコ生放送での生レコーディングに参加している。
しかも作詞は秋元康ではなく亜美菜が担当しているそうで、ゴリ推しだけでなく実力のあるメンバーも多いことを感じた。

少し時間は経っているものの、AKB48の人気メンバーのひとりひとりについて知るにはなかなかいい作品だと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : AKB48,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック