『この国のはじまりについて―司馬遼太郎対話選集〈1〉』:雨読夜話

ここでは、「『この国のはじまりについて―司馬遼太郎対話選集〈1〉』」 に関する記事を紹介しています。
この国のはじまりについて―司馬遼太郎対話選集〈1〉 (文春文庫)
この国のはじまりについて―司馬遼太郎対話選集〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎 (著), 関川 夏央 (監修)
文藝春秋 2006-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本語の本質―司馬遼太郎対話選集〈2〉 (文春文庫)
歴史を動かす力―司馬遼太郎対話選集〈3〉 (文春文庫)
近代化の相剋―司馬遼太郎対話選集〈4〉 (文春文庫)
日本文明のかたち―司馬遼太郎対話選集〈5〉 (文春文庫)
宗教と日本人―司馬遼太郎対話選集〈8〉 (文春文庫)


歴史作家・司馬遼太郎による対談を集めたシリーズの第1作。
本作では下記の6人との対談が収録されている。
  • 林家辰三郎(歴史学者)
  • 湯川秀樹(物理学者、日本人初のノーベル物理学賞を受賞)
  • 永井路子(歴史作家)
  • E・O・ライシャワー(駐日大使)
  • 網野善彦(歴史学者)
  • 原田伴彦(歴史学者)

著者のエッセイでもしばしば出てくる、武士という名の開拓者たちが登場して鎌倉時代となったことが日本と朝鮮半島との大きな違いとなったことや、北条政子が日本女性の強さや一夫一婦制の象徴のような存在であること、源頼朝や伊藤博文、大久保利通といったリーダーが日本では人気がないことなどの話が出てくる。

また、ライシャワー氏が研究テーマとした円仁という僧が唐での詳細な旅行記を残している話や、海に潜るのが嫌いな中国人が昔からナマコを日本から輸入していたこと、コンブが日本海経由で琉球などへ輸送されていた話など、興味深い話題が多い。

これまで対談形式の本はあまり読んでこなかったが、面白かったので第2作以降も読んでみようと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 司馬遼太郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック