『この涙を君に捧ぐ』:雨読夜話

ここでは、「『この涙を君に捧ぐ』」 に関する記事を紹介しています。
この涙を君に捧ぐ(TYPE-A)(メーカー特典あり)この涙を君に捧ぐ(TYPE-A)(メーカー特典あり)

NO NAME
キングレコード 2013-04-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4月10日に発売された、AKB48グループの声優選抜ユニット・NO NAMEによる、セカンドシングル。
これは彼女たちが主要人物の声優を務めるアニメ『AKB0048 Next Stage』のエンディング曲ともなっていて、オープニング曲の『主なきその声』も収録されている。

本作はバラード調で、前作の『希望について』に引き続いて良曲だと思う。
また、タイプAには『少女たちよ』、タイプBには『大声ダイヤモンド』と、AKB48のシングル曲のNO NAMEバージョンが収録されている。
『大声ダイヤモンド』では石田晴香の歌い出しから佐藤亜美菜のパートになるなど、オリジナルとはかなり異なるメンバーによることで新鮮に感じた。
誰とは言わないがAKB48の普段の選抜のように歌唱力の怪しいメンバーがいないので、安心して聴ける。

付属のDVDにはMVおよびそのメイキングビデオの他にも特典映像として、2月17日に行われたアニメDVD購入者を対象としたライブ「AKB0048 NO NAME FIRST KILALIVE」の前編がタイプA、後編がタイプBに収録されている。

ここでは渡辺麻友を除くと普段AKB48の選抜に選ばれたりメディアで露出することが少ないメンバーが多いので、彼女たちが多く映るのはいい。

ライブの終盤では亜美菜や岩田華玲が感極まって泣き出すなど、思い入れの強い作品だったことが分かる。

先日亜美菜が出演しているラジオ番組を聴いたところ、NO NAMEのメンバーである仲谷明香、秦佐和子、矢神久美が卒業を決意した背景には、『AKB0048』での活動で自らの進む道をこれまで以上に真剣に考えるようになったことがあったのではないかと語っており、その意味でもこの声優選抜はメンバーたちにとって大きな転機になったのだろう。

この手のアニメは放送時よりも時間が経ってから評価される傾向にあるので、本作もけっこう売れ続けるのではないかと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : AKB48,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック