『機動戦士ガンダムMS開発秘録 2』:雨読夜話

ここでは、「『機動戦士ガンダムMS開発秘録 2』」 に関する記事を紹介しています。
機動戦士ガンダムMS開発秘録 2 (竹書房文庫)
機動戦士ガンダムMS開発秘録 2 (竹書房文庫)
メガロマニア・編
竹書房 2010-06-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
機動戦士ガンダム モビルスーツ開発秘録(竹書房文庫)
機動戦士ガンダムMSV‐R ザク編 (カドカワコミックス・エース)
機動戦士ガンダムMSV‐R アクショングラフィック編 (カドカワコミックス・エース)
モビルスーツ全集6 MS‐14ゲルググ&ジオン特殊機BOOK (双葉社MOOK)
モビルスーツ全集3 ザクBOOK (双葉社MOOK)


『機動戦士ガンダム』に登場するMS(モビルスーツ)の仕様や開発過程、運用結果などを書いている『機動戦士ガンダム モビルスーツ開発秘録』の続編。
本作では、アニメに登場しないMSV(モビルスーツ・バリエーション)に登場するMSを扱っている。

アニメではジオンであればザク、グフ、ドム、ゲルググなど、連邦であればガンダムやガンキャノン、ジムなどが登場したが、それらのプロトタイプや地形に対応した専用機、後継機のプランなどが書かれている。

例えば汎用性が特色のひとつだったザクの場合、砂漠用や砲撃支援タイプ、水中型、サイコミュ試作型など多くの機体が紹介され、武装や推進器などの装備についても妙に細かい。

また、そうなった経緯なども書かれていたりして、どこまでは元々設定にあったものなのか、あるいは後付けで追加していったものかが分かりにくいところが面白い。

他にも、連邦軍のジムはやられるシーンが多くて弱いイメージがあるが、これは生産性を優先して質が低下した先行量産型と呼ばれるタイプだったためとあり、知らなかったので驚いた。
質を高めた後期生産型はそれなりに強いとあり、ジムへの認識を改めることになった。

前作に引き続いてややマニアックな内容で、楽しんで読むことができた。




[本作内で扱われているMS]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : ガンダム,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック