『機龍警察』:雨読夜話

ここでは、「『機龍警察』」 に関する記事を紹介しています。
機龍警察(ハヤカワ文庫JA)
機龍警察(ハヤカワ文庫JA)
月村 了衛
早川書房 2010-03-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
機龍警察 自爆条項 (上) (ハヤカワ文庫JA)
機龍警察 自爆条項 (下) (ハヤカワ文庫JA)
機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
機龍警察 自爆条項  (ハヤカワ・ミステリワールド)
機忍兵零牙 (ハヤカワ文庫JA)


近未来に治安維持用の戦闘ロボットが活躍するハードボイルドSF小説。
著者は元々脚本家で、子供の頃にアニメをよく観ていたグルメ漫画『ミスター味っ子』の原作者と知り、少々驚いた。

核のような大量破壊兵器が使用されなくなった時代が舞台で、戦争では機甲兵装と呼ばれる『機動警察パトレイバー』や『装甲騎兵ボトムズ』に出てくるようなロボットが主力となっており、警察やテロリストでも使用されるようになっている。(『機動戦士ガンダム』よりはかなり小さめ)

警察では機甲兵装による犯罪への対策として特捜部が設置され、龍騎兵と呼ばれるワンオフ機3機のパイロットとして姿俊之、ユーリ、ライザの3名が配属されている。
彼らは凄腕ではあるが出自がそれぞれ傭兵、ロシア民警、テロリストということで、刑事部や公安部、所轄といった従来の警察組織からは嫌われていた。

そんな中で機甲兵装によるテロ事件が発生してSATが出動するが、テロリストたちによる予想外の反撃に遭い、捜査が進むうちに大規模な陰謀が隠されていることが徐々に分かっていく。

姿たちが乗る龍騎兵の戦闘シーンはかなりリアルな上、警察内部の暗闘など警察小説としての厚みも加わっていて思った以上に面白かった。
読む前はとっつきづらいように感じていたが、読んでみるものである。

作風としては今野敏が近いように思う。
続編も出ているので、読んでみたい。




[著者の作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 月村了衛, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック