『津波避難タワー―命を守るフジワラ』:雨読夜話

ここでは、「『津波避難タワー―命を守るフジワラ』」 に関する記事を紹介しています。
津波避難タワー―命を守るフジワラ津波避難タワー―命を守るフジワラ

藤原 充弘
日中言語文化出版社 2013-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトル通りの津波から避難するための建造物や、防災や環境保全に役立つものを発明・販売している、フジワラ産業の社長による作品。

タイトルだけ読むと東日本大震災を受けて開発されたものと感じるかもしれないが、実際はそれよりもかなり前に発明し、主に西日本で多く建造実績があることを知って驚いた。

このタワーは東日本大震災などの実際に起きた災害のデータや、ユーザーからの意見によりどんどん改良が重ねられていることも書かれている。
例えば寒冷地向けに屋根がついたり、ヘリコプターでの救助用に屋根への登り口やヘリポートをつけるなどである。

他にも、下記のような発明が紹介されている。
・津波にあった際に電柱に体を固定して流されるのを防ぐロープ
・歩道橋として使用できる津波避難タワーへ
・津波の高さがタワーで対応できそうにない地域用に開発した、津波避難用地下シェルター
・津波や洪水で金庫が流れることに対して作られた、金庫を杭で固定する設備

また、進行中のものも含め、下記のビジョンが書かれている。
・古来の雨乞い儀式から発想した、人工降雨装置
 (湿気や雨雲のコアとなるチリをを上空に送り込んだり、空気を振動させるなど)
・パイプラインで海水を引き込むことで塩湖を作ることによる、砂漠の緑化
・兵庫県を日本海側と瀬戸内海側を運河でつなぎ、瀬戸内海の汚染対策とする

また、後半では自身の来歴やフジワラ産業の歴史を書いていて、創業の苦労や売り込みの難しさなどが書かれていて興味深い。

さらに著者が岡山県の備前市出身で、藤原家の流れをくむ葉室家の子孫ということで、地域のことや地元の偉人、先祖の話も書かれている。
このあたりは少し長い気がしないでもないが、これはこれでそれなりに興味深い。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック