『明治天皇を語る』:雨読夜話

ここでは、「『明治天皇を語る』」 に関する記事を紹介しています。
明治天皇を語る (新潮新書)
明治天皇を語る (新潮新書)
ドナルド キーン
新潮社 2003-04-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
明治天皇〈1〉 (新潮文庫)
明治天皇〈2〉 (新潮文庫)
明治天皇〈3〉 (新潮文庫)
明治天皇〈4〉 (新潮文庫)
ドナルド・キーン自伝 (中公文庫)


アメリカ出身で、日本文学史や明治天皇の事績を描いた『明治天皇』で知られるドナルド・キーンによる、明治天皇の人となりについて語っている作品。
明治天皇については昨年、明治天皇および昭憲皇太后の事績の絵を収めている聖徳記念絵画館へ行ったこともあって関心があり、短めの本書を先に読むことにした。

著者によると、『明治天皇』が明治天皇を通した明治時代を描いているのに対し、本書では明治天皇の個人をクローズアップしているとのことである。

著者が『明治天皇』を書くまでは、色々と遠慮があって書きづらい日本国内はもとより海外でも明治天皇についての著作が極めて少ないとあり、少し驚いた。

限られた史料から、下記のようなエピソードが書かれていて、自分を律することに努めた明治天皇の人柄がうかがえる。
  • 乗馬やダイヤモンドが大好きで、風呂や刺身が大嫌い
  • 贅沢を好まず、国民や前線の兵士たちのことを親身に考える
  • 写真を撮られることが嫌いで、2枚くらいしか残っていない
  • 一般的には君主が自分が言ったことを曲げないのに対し、誤りは率直に認めていた


また、外国人から見た明治天皇は堂々とした偉丈夫で、他の君主と比較しても謁見はかなり緊張するものだったらしい。

重臣では大久保利通や伊藤博文、西郷隆盛などを気に入っており、逆に陸奥宗光や尾崎行雄、乃木稀典らが嫌いだったようである。
乃木は日露戦争で指揮した旅順攻略戦においてあまりに死傷者が多かったことが不興を買ったようで、戦術がまずかったと思うので納得できる。

そして絶大な権威や権力を持ちながら、決してそれを行使しなかったことが「大帝」と呼ぶにふさわしいと書いている。

発言こそしないものの閣議に毎回出席していたため、薩長の下級武士が多数を占める政府高官たちがだらしないところを見せるわけにいかず、真面目に政権運営をやっていたとあり、ありそうな話だと思った。
藩閥や武士の出身ではない星亨が大臣に起用されたのも、明治天皇の意向があったという。

特に、同時代におけるドイツのヴィルヘルム2世やロシアのニコライ2世のダメさに比べて偉大さが際立つことが書かれている。
少し調べると、2人とも失政を重ねたために亡国につながったらしいことが分かり、日本がベースを変えずに続くことができたのは明治天皇による部分が大きいと改めて感じた。

著者の第2のライフワークと語る『明治天皇』も読んでみたい。




[明治天皇を描いた、著者の代表作]



[著者の他の作品]



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック