『任侠病院』:雨読夜話

ここでは、「『任侠病院』」 に関する記事を紹介しています。
任侠病院
任侠病院今野 敏
実業之日本社 2011-10-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
とせい (中公文庫)
任侠学園 (中公文庫)
転迷―隠蔽捜査〈4〉
欠落
防波堤 横浜みなとみらい署暴対係


今野敏による、『とせい』『任侠学園』に続く、阿岐元組シリーズの第3作。
小さな暴力団である阿岐元組はこれまでの出版社、高校に続いて、今回は病院経営に乗り出すこととなる。

例によって親分の阿岐元が叔父貴に当たる永神組長から倒産寸前の病院があるという話を聞きつけたことがきっかけで、主人公の日村はまたも厄介ごとが増えたと頭を抱えることとなる。

また、所轄の刑事である甘糟(あまかす)から、暴力団追放月間のため、これまで以上に目立った行動は慎むように釘を刺され、これまで以上にやりづらい中での活動となる。

病院では医療サービスを請け負う会社に関連した問題や、その背後に潜む他の暴力団とのしがらみなどが徐々に明らかとなり、日村ら阿岐元組の面々が活躍していく。

今回はマル暴担当にも関わらず気弱なところばかりを見せる甘糟が多く登場し、そのキャラクターが面白かったのと、大立ち回りよりも暴力団同士の頭脳戦が目立ったところが良かった。

続編が出ることを期待している。



[本書の新書ノベルズ版]
任侠病院 (ジョイ・ノベルス)任侠病院 (ジョイ・ノベルス)

今野 敏
実業之日本社 2013-09-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[本シリーズのスピンオフ作品]
マル暴甘糟マル暴甘糟

今野 敏
実業之日本社 2014-12-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 今野敏,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック