『茶坊主漫遊記』:雨読夜話

ここでは、「『茶坊主漫遊記』」 に関する記事を紹介しています。
茶坊主漫遊記 (集英社文庫)
茶坊主漫遊記 (集英社文庫)
田中 啓文
集英社 2012-02-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
鍋奉行犯科帳 (集英社文庫)
猿猴 (講談社文庫)
ハナシがうごく! 笑酔亭梅寿謎解噺 4 (笑酔亭梅寿謎解噺)
ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺 (笑酔亭梅寿謎解噺) (集英社文庫)
聴いたら危険! ジャズ入門 (アスキー新書)


関ヶ原の戦いの34年後、老僧の長音上人と従者の腐乱坊、そして謎の芸人?彦七の3人が旅の先々で事件に遭遇するという5作の時代ミステリー連作。

この長音上人は、実は関ヶ原後に捕えられて三条河原で処刑されたはずの石田三成が落ちのびた姿であり、米沢を起点に近江、備前、天草、薩摩と西に向かって旅をしていく。

そして三代将軍・徳川家光がこのことを知って柳生十兵衛に暗殺を命じ、十兵衛は長音を各地で付け狙うも大抵取り逃がすという、お約束のパターンを繰り返す。

本書ではチェスタトンのミステリーである『ブラウン神父』シリーズやドラマ『水戸黄門』シリーズのフォーマットを使用していて、他にも随所でさまざまな小ネタを仕込んでいる。

若いころにあれほど潔癖ぶりが伝えられてきた三成が、いかに年月を経てもあれほど円熟した人格になるとも思えないなど、歴史考証が雑に感じるところもあるが、あまりこのあたりをツッコむのも野暮というものだろう。

エンターテイメントとして、気軽に読むことができた。
著者の作品は本書が初めてだったので、他も読んでみようと思う。



[著者の他の作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック