『ぼくが宇宙人をさがす理由』:雨読夜話

ここでは、「『ぼくが宇宙人をさがす理由』」 に関する記事を紹介しています。
ぼくが宇宙人をさがす理由
ぼくが宇宙人をさがす理由
鳴沢真也
旬報社 2012-08-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
チャーシューの月 (Green Books)
フェリックスとゼルダ
ジャコのお菓子な学校 (文研じゅべにーる)
ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂
有松の庄九郎


兵庫県にある天文台の職員による、SETI(地球外生命体探査)について子供向けに書かれた本。

ここでは地球外からの電波を解析して知的生命体からの通信がないかを調べることに当たる。

著者によって子供の頃から宇宙への関心が強かったことや、完璧主義的な考え方をしていたのが部活で怪我をしたことなどで心が折れ、引きこもりになったことなどを告白している。

その後立ち直って大学で天文学を専攻し、高校教師を経て現在の天文台に勤めることになった経緯を語っている。

オズマ計画など地球外生命体からの通信を検知した場合の対応方法としては、確認を取った後に世界各地へ公表することが国際的決められており、そのリハーサルとして、まず日本にある複数の天文台で同時期に観測する企画を立て、30か所以上で実施することが書かれている。

これがアメリカの学会からも評価され、日米、さらには世界各地で同時期に観測することへ発展し、様々な問題と苦闘しながらも精力的に取り組む著者や各国の研究者たちが活躍していく。

天文学者たちのネットワークができていることを知り、興味深く読むことができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ぼくが宇宙人をさがす理由 評価☆☆☆☆☆ 鳴沢真也 旬報社
2013/06/24(月) | ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ