FC2ブログ

『戦国名軍師列伝』:雨読夜話

ここでは、「『戦国名軍師列伝』」 に関する記事を紹介しています。
戦国名軍師列伝 (PHP文庫)
戦国名軍師列伝 (PHP文庫)川口 素生

PHP研究所 2006-05
売り上げランキング : 228915

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国10大合戦の謎―「桶狭間」から「関ケ原」まで、通説に消された真実 (PHP文庫)
長宗我部三代記 (PHP文庫 は 18-10 大きな字)
センゴク天正記 2 (2) (ヤングマガジンコミックス)
片倉小十郎景綱―伊達政宗を奥州の覇者にした補佐役 (PHP文庫)
戦国武将 男の値打ち―知られざる値千金の逸話 この人間的魅力を見よ! (知的生きかた文庫)

戦国時代に活躍した軍師の27名について書かれた本。
ほとんどはありきたりな内容で、それほど新たな発見的なものはなかった。

しいて言えば、徳川初期に甲州流の軍学者として活躍した小幡景憲はよく知らなかった。
景憲は元徳川家の家臣で、大阪冬の陣で徳川方として活躍したことを大阪方の大野治房に見込まれてスカウトされて夏の陣では大阪方に属した。
しかし、徳川家の京都所司代だった板倉勝重と連絡を取り、大阪城内の様子を徳川方に通報するという謀略活動を行ったらしい。
著者も書いているように、敵方に属していた武将をよく確かめもせずにいきなり引き抜いた治房のやり方はどうかと思う。

あと、島津家の川田義朗、大友家の角隈石宗といった軍師は参謀というより軍配者という一種の占い師や気象予報士的なポジションにあったようで、迷信が深く信じられていた当時、思った以上に家臣たちは従ったようである。

[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック