『機龍警察 自爆条項(上・下)』:雨読夜話

ここでは、「『機龍警察 自爆条項(上・下)』」 に関する記事を紹介しています。
機龍警察 自爆条項 (上) (ハヤカワ文庫JA)機龍警察 自爆条項 (上) (ハヤカワ文庫JA)

月村 了衛
早川書房 2012-08-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

機龍警察 自爆条項 (下) (ハヤカワ文庫JA)機龍警察 自爆条項 (下) (ハヤカワ文庫JA)

月村 了衛
早川書房 2012-08-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


警察の戦闘ロボットがテロリストと戦うという近未来を舞台としたSF『機龍警察』の第2作。
前作が思っていた以上に面白かったので、続けて読んだ。

本作ではIRF(北アイルランドのテロ組織)による、英国の政府高官暗殺計画を警察の特捜部が察知するところから話が始まる。
しかし外交や通商などの思惑があるのか、上層部から捜査中止の命令を受けてしまう。

また、特捜部の警部としてエース機である龍騎兵に搭乗するライザは、以前このIRFに所属して裏切り者の暗殺などを行ってきた過去があり、IRF最高幹部で元上司のキリアンから、裏切りの罪で殺害する旨の予告を受けることとなる。

そこから、ライザの追憶シーンを挟みながら、龍騎兵を擁する特捜部が、警察内部や外務省、経産省といった官僚組織内でのごたごたに巻き込まれつつ、IRFなどとの戦いに挑んでいく。

ライザの凄惨な過去や、元外務省なのに特捜部長を務める沖津の怪人ぶりが随所で描かれ、その世界観に引き込まれる。
もちろんライザの同僚である姿やユーリも前作同様に活躍しており、特に龍騎兵とテロ組織の戦闘ロボットの戦いの描写は読んでいて興奮する。

小説の世界であれば面白いが、テロ組織がこうした戦闘ロボットを何機も使用する世界にはなって欲しくないものだと強く思ってしまう。

本作も期待に応える内容だったので、第3作である『機龍警察 暗黒市場』も読むつもりである。



[本書の続編]

機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)

月村 了衛
早川書房 2012-09-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 月村了衛, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック