fc2ブログ

『AKB48 Team B 5th 「シアターの女神」』:雨読夜話

ここでは、「『AKB48 Team B 5th 「シアターの女神」』」 に関する記事を紹介しています。
AKB48 Team B 5th studio Recording 「シアターの女神」
AKB48 Team B 5th studio Recording 「シアターの女神」
AKB48 Team B
AKS 2010-08-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
AKB48 Team A 6th studio Recording 「目撃者」
AKB48 Team K 6th studio Recording 「RESET」
AKB48 Team B4th Studio Recording アイドルの夜明け
AKB48 Team A5th studio Recording 恋愛禁止条例
AKB48 Team K5th studio Recording 逆上がり


AKB48・チームBの5番目の公演である「シアターの女神」の曲を収めたアルバム。

柏木由紀がキャプテンを務め、昨年秋までやっていた柏木チームB時代の唯一の公演で、この公演をやっていた時期にAKB48に関心を持ったことや、2回目の組閣後はウェイティング公演ということでオリジナルの演目がないこともあり、このチームが最も好きである。
そのため、ブックオフで見つけたものを『チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」』と一緒に購入した。

表題曲の「シアターの女神」をはじめ、「勇気のハンマー」、「隕石の確率」、「初恋よこんにちわ」、「キャンディ」、「夜風の仕業」、「オネストマン」、「チームB推し」などの名曲が入っている。

この公演では途中で奥真奈美(卒業)と平島夏海(脱退)が抜け、鈴木紫帆里(昇格)と渡辺美優紀(NMB48と兼任)に代わったが、本作では初期のメンバーで収録されている。

そのため、各メンバーの名前とキャッチフレーズが歌詞に入っている「チームB推し」では鈴木(紫)と渡辺(美)ではなく、奥と平島で収録されている。
この曲は例年開催されるAKB48のリクエストアワー・セット100でも毎回上位に入っていて、公演で盛り上がる曲ということがよく分かる。

この柏木チームBはエースの渡辺麻友、キャプテンの柏木の他、佐藤亜美菜、河西智美、北原里英、増田有華、石田晴香など個性的なメンバーが揃っていて、楽しいチームだったと思う。



[AKB48・チームB公演の作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : AKB48,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック