『謎の独立国家ソマリランド-そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』:雨読夜話

ここでは、「『謎の独立国家ソマリランド-そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』」 に関する記事を紹介しています。
謎の独立国家ソマリランド
謎の独立国家ソマリランド
高野 秀行
本の雑誌社 2013-02-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
アヘン王国潜入記 (集英社文庫)
未来国家ブータン
異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)
ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)
幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)


世界の危ない地域を旅してきた高野秀行による、ソマリアへの取材を描いたノンフィクション。

アフリカ東部のソマリアは度重なる内戦で統一政府が存在しない状態が続き、「失敗国家」や「リアル北斗の拳」などと呼ばれている。
また、紅海の入り口に位置する「アフリカの角」と呼ばれる交通の要衝で統一政府が存在しないことから、海賊が跋扈していることでも知られている。

このソマリアは下記の3部に大別され、著者はソマリランドを中心に旅している。
そう言えば、タレントのアグネス・チャンが出かけ、地域や治安状態についてネットユーザーたちと言い争いを繰り広げていたのもソマリランドだった。
  • 北部 : 奇跡的に民主国家を成立させたソマリランド
  • 東部 : 海賊がビジネスとして定着しているプントランド
  • 南部 : 内乱が続く、首都のモガディッショを中心とする南部ソマリア
北部のソマリランドと呼ばれる地域は、国際的には承認されていないながらも実質的に独立国家として武装解除や民主的な投票による政権交代などの奇跡的なことを次々と実現させ、著者は『天空の城ラピュタ』に例えている。

日本では資料が少なく、欧米の資料でもいまひとつ要領を得ないこともあって、極力自身の目で確認している。
宴会でカートと呼ばれる覚醒成分のある植物の葉を噛み過ぎて副作用に悩まされたり、こすっからいソマリ人たちにたかられて破産しかけたりしつつも、TV局の要人や地域の長老などから話を聞いていき、その謎に迫っていく。

ソマリアでは氏族というキーワードが重要となっており、氏族間対立や氏族内の分家間の対立、そしてイスラム原理主義勢力が複雑に絡み合っていて、アメリカやエチオピアが内政干渉に失敗し続けた理由が少しだけ分かってくる。

諸勢力の標記がそのままだと読者が読むのを諦める恐れがあるため、『ミャンマーの柳生一族』でミャンマーの政治体制を幕藩体制に例えたように、源平合戦や戦国時代の武将たちに例えている。
源平時代からは平清盛、源頼朝、源義経、北条時政、奥州藤原氏、戦国時代からは武田信玄、伊達政宗、などに模していて、理解しやすい。

500ページ以上ある大作だが、面白いのでぐいぐい読み進んでいくことができる。
そして内容が濃いので、面白さをあまり伝えられないのがもどかしい。

最近読んだノンフィクションの中でも、最も楽しめた1冊だと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 高野秀行,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック