『真夏の方程式』(劇場版):雨読夜話

ここでは、「『真夏の方程式』(劇場版)」 に関する記事を紹介しています。
真夏の方程式 DVDスタンダード・エディション
真夏の方程式 DVDスタンダード・エディション
ポニーキャニオン 2013-12-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
終戦のエンペラー [DVD]
パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
奇跡のリンゴ DVD(2枚組)
アフター・アース(初回生産限定) [DVD]
ラストスタンド [DVD]

先日、福山雅治主演の『ガリレオ』シリーズの映画第2作である『真夏の方程式』を観に行った。
地方都市で公開から少し経っているので空いていると思ったが、大入りで少し驚いた。

ストーリーとしては湯川(福山)が玻璃ヶ浦(はりがうら)という町へレアメタル探査のアドバイザーとして赴き、その途中で恭平(山﨑光)という少年と出会い、旅館の緑岩荘でも再会する。
子供嫌いな湯川は恭平にだけはウマが合うのか、科学の重要性を実地で教えたりもする。

その緑岩荘では翌日、泊っていた元刑事の塚原(塩見三省)が海岸で死んでいるのが発見される。
当初は酔っ払って堤防からの転落死と思われたが、捜査の結果一酸化炭素中毒死と判明し、謎が深まる。

この塚原と、恭平の親戚で緑岩荘を営む川畑家の重治(前田吟)と節子(風吹ジュン)の夫婦、そして娘の成実(杏)の一家との関わり、そして16年前の殺人事件との関連など、多くの謎が出てくる。
湯川と岸谷(吉高由里子)はその謎に挑んでいく。

成実が玻璃ヶ浦の海を守る背景がいまひとつ伝わらなかったが、それを除けばまずまず面白かったと思う。
このあたりは原作を読んだ方がいいところだろう。



[本作の原作]
真夏の方程式 (文春文庫)真夏の方程式 (文春文庫)

東野 圭吾
文藝春秋 2013-05-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ガリレオシリーズ]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 東野圭吾,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック