『さくらえび』:雨読夜話

ここでは、「『さくらえび』」 に関する記事を紹介しています。
さくらえび (新潮文庫)
さくらえび (新潮文庫)さくら ももこ
新潮社 2004-06-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
またたび (新潮文庫)
さくら日和 (集英社文庫)
まる子だった (集英社文庫)
ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
たいのおかしら (集英社文庫)


『ちびまる子ちゃん』で知られるさくらももこのエッセイ集。

以前読んだ他のエッセイ以上に、父のヒロシを扱ったネタが多いのが印象に残る。
例えばナイツの漫才を思わせる言葉の間違いっぷりや、テレビをいつも見るのに片っ端から忘れること、あまりの適当さ加減など、脱力エピソードの数々に笑わされてしまう。

また、著者がさくらももこだと教えられていない息子についてもけっこう触れられていて、存分にksgk振りを発揮している。

他にも、TV番組のプロデューサーである植木氏のくだらない願望についての話や、『北の国から』で知られる倉本總と下ネタや通販で失敗した話などで盛り上がったことなどが書かれている。

『ちびまる子ちゃん』さながらのエピソードが書かれていて、安定して楽しむことができた。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : さくらももこ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック