『中国古典百言百話〈10〉戦国策』:雨読夜話

ここでは、「『中国古典百言百話〈10〉戦国策』」 に関する記事を紹介しています。
中国古典百言百話〈10〉戦国策 (PHP文庫)中国古典百言百話〈10〉戦国策 (PHP文庫)

吉田 豊
PHP研究所 1994-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中国・戦国時代の説話が描かれた古典『戦国策』から200のエピソードや名言を現代語訳でまとめている作品。

これまで『戦国策』を現代語訳した作品は3冊ほど読んでいるが、意外とそれらと重ならない話が結構収録されているのがいい。

例えば漫画『キングダム』では楚のお祭り男風な猛将として描かれる汗明(かんめい)が、春申君にアピールする説客として描かれているのが面白い。

登場する人物では「合従連衡」の言葉で知られる蘇秦と張儀および彼らのライバルたち、戦国四君(孟嘗君、信陵君、平原君、春申君)、荊軻(けいか)や予譲(よじょう)のような刺客たちの話が多く扱われている。

超大国の秦とその他六国(趙・魏・韓・斉・燕・楚)という構図における外交の駆け引きや、君主と群臣の関係、宮廷での足の引っ張り合いなどが出てきて、『戦国策』の面白さを改めて楽しむことができる。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック