『パシフィック・リム』:雨読夜話

ここでは、「『パシフィック・リム』」 に関する記事を紹介しています。
パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
モンスターズ・ユニバーシティ MovieNEX [Blu-ray]
オーガストウォーズ [Blu-ray]
Pacific Rim Original Motion Picture Soundtrack
ワイルド・スピード EURO MISSION ブルーレイ+DVDセット(E-Copy) [Blu-ray]
エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]


先日観に行った、人類がスーパーロボットに乗り込み、次元の裂け目から出現する怪獣と戦うSF映画。

近未来に太平洋の海底に発生した次元の裂け目から謎の怪獣が次々と出現して太平洋沿岸の都市が次々と襲われる事態が発生し、イェーガー(狩人)と呼ばれるスーパーロボットが開発・投入される。

このロボットは1人で乗ると神経への影響が強すぎるため、2人で脳波をシンクロさせて操縦するようになっている。
クセの強い操縦システムはエヴァンゲリオンのシンクロシステムや、ウイングガンダムゼロのゼロシステム、ゴッドガンダムのモビルトレースシステムなどを連想させる。

主人公は以前怪獣との戦いで共に操縦していた兄を失ったローリー(チャーリー・ハナム)で、新たなパートナーとして森マコ(菊地凜子)が選ばれる。

ストーリーとしてはこれまで以上に強大な怪獣が香港を襲うことが予測され、イェーガーの効果が疑われてプロジェクトを凍結される流れの中で各国のイェーガーが対応に当たることとなる。

オーストラリアや中国、シベリアなど各国のイェーガーに特色があり、例えば中華の3兄弟が操縦するイェーガーは動きが『GEAR戦士 電童』に似ている。
各国のロボットが出てくるシチュエーションはゴッドガンダムや鉄人28号、ゲッターロボなどが近い。

ふと気になるのは、『トランスフォーマー』といい、『リアル・スティール』といい本作といい、ハリウッドのスーパーロボットはどれもデザインが一定の枠内に収まってしまっているように思えるところである。
もう少し美しいデザインとかのスーパーロボットがあってもいいと思う。

それはそれとして、イェーガーと怪獣のバトルのすごさや、マコの幼少時代を演じた芦田愛菜の演技、解体された怪獣の臓器や寄生虫をチャイニーズマフィアが売買するシーンなど、見所が多くてかなり楽しむことができた。




[本作をノベライズした作品]
パシフィック・リム (角川文庫)パシフィック・リム (角川文庫)

アレックス・アーバイン (著), 富永 和子 (翻訳)
角川書店 2013-07-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[本作を観て連想した作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック