『機龍警察 暗黒市場』:雨読夜話

ここでは、「『機龍警察 暗黒市場』」 に関する記事を紹介しています。
機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
月村 了衛
早川書房 2012-09-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
機龍警察 自爆条項 (下) (ハヤカワ文庫JA)
機龍警察 自爆条項 (上) (ハヤカワ文庫JA)
機龍警察(ハヤカワ文庫JA)
機龍警察 自爆条項  (ハヤカワ・ミステリワールド)
一刀流無想剣 斬


警察の戦闘ロボットが犯罪組織と戦うという近未来を舞台としたSF『機龍警察』シリーズの第3作。

本作では初めに、3体の龍機兵のうち「バーゲスト」のパイロットを務めるユーリ・オズノフ警部が契約を解除され、旧知のロシア・マフィアのリーダーであるゾロトフと組んで武器密売に関わっていくところから始まる。

その一方、警察では各国の武器密売組織が大規模なマーケットを開き、龍機兵の技術が使われた可能性のある機甲兵装が出品されるのではないかとの情報を入手し、沖津を長とする特捜部は組織犯罪対策部とともに捜査に当たっていく。

中盤ではロシアで警官の息子にうまれたユーリの追憶が描かれ、学生時代におけるゾロトフとの因縁や警官になった後の出来事、特捜部で龍機兵に乗るようになった経緯など、重い過去の話が展開していく。
ここを読むとロシアにおける官僚とマフィアの癒着や、汚職がはびこる状況など、改めてロシアとは難しい国だということが分かる。

後半はネタバレになることが多くて書きにくいが、様々な悪党が出てきたり機甲兵装同士の戦い、ページを追うごとに変わっていく過去の事件の真相など、今回も話にぐいぐい引き込まれる。

特に、これまで大抵の事態に冷静に対応してきた沖津が、本書では焦るシーンも多く出てくるあたりが印象的だった。

続編が予定されているのかどうか知らないが、読んでみたいと思う一方で、これ以上の続編が出ないのではないかというくらい面白かったという思いもあり、複雑な気分である。



[本書の続編]
機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)

月村 了衛
早川書房 2014-01-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[参考文献に挙げられていた作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 月村了衛, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック