『チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」』:雨読夜話

ここでは、「『チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」』」 に関する記事を紹介しています。
チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」
チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」
AKB48
DefSTAR RECORDS 2007-03-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
チームK 2nd Stage「青春ガールズ」
チームA 3rd Stage「誰かのために」
チームA 2nd Stage「会いたかった」
チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」
チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」


AKB48・チームKの3番目の公演である「脳内パラダイス」の曲を収めたアルバム。

これまで何度か観に行った、HKT48の研究生公演である「PARTYが始まるよ」』が11月に千秋楽を迎え、続いて標記の公演がなされると知り、ブックオフで見つけたので購入した。

この演目はこれまで他のチームでは演じられてこなかったらしく、体育会系のイメージのあるチームKということもあってこれまで聴いたチームAの「PARTYが始まるよ」やチームBの「シアターの女神」』と比較するとかなり異質というかアイドルっぽくない曲も多い。

楽しい感じの表題曲や「気になる転校生」、バラード調の「泣きながら微笑んで」や「草原の奇蹟」、かっこいい系の「MARIA」、「君はペガサス」など、多彩な曲目となっている。

また、昨年行われたAKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2012 4日目で14位を獲得して会場が大興奮に包まれた「くるくるぱー」や、NHK教育の子供番組のコーナーで歌われたという「ほねほねワルツ」はかなり思い切った感じの曲でインパクトが強い。

本演目で知らないメンバーも多いが、歌声では昨年辞退した増田有華や今年卒業した河西智美の2人は歌唱力に定評があって特徴があるので、歌っているパートが分かりやすい。

HKT48の研究生が演じるようになったら、ユニット曲で「泣きながら微笑んで」で田島芽瑠、「MARIA」で岡本尚子や駒田京伽、「ほねほねワルツ」で秋吉優花や田中優香、「くるくるぱー」で冨吉明日香や上野遥など、どのメンバーがどのユニットを演じるのかを予想するのも楽しい。



[AKB48・チームK公演の作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : AKB48, HKT48,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック