『武士の一言』:雨読夜話

ここでは、「『武士の一言』」 に関する記事を紹介しています。
武士の一言 (朝日文庫)
武士の一言 (朝日文庫)
火坂雅志
朝日新聞出版 2012-10-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本剣客伝 戦国篇 (朝日文庫)
日本剣客伝 江戸篇 (朝日文庫)
日本剣客伝 幕末篇 (朝日文庫)
実伝 黒田官兵衛 (角川文庫)
常在戦場 家康家臣列伝


火坂雅志による、平安時代から戦国時代にかけての武将や江戸時代の藩主、幕末の志士といった武士たちの名言を解説しているエッセイ集。
大半は武士の名言、そして巻末に雑誌『歴史街道』へ寄稿した記事が付いている。

著者の『武将の言葉 決断力が身に付く180のヒント』『名将名言録 一日一言』に近い内容だが、これらと比較するとエッセイ寄りの位置となる。

例えば源義経が判官びいきとして英雄として人気があった一方、現代では政治的なことが全く分からない部分に対し人気がないことに触れ、それでも人は学ぶ部分があるのではないかとこだわっている。

また、信長に対しては行う必要のない殺戮を行ったことへの厳しい批判がある一方、上杉謙信や景勝、直江兼続、そして前田慶次郎といった上杉家ゆかりの人物、そして忠度や知盛、敦盛といった美しく滅びていった平家への好意が書かれている。

他にも、著者が大学でマージャン三昧の自堕落な生活を送っていたのが、歴史関連のサークルに入ったことで平家への関心が高まったり、現在の仕事へつながったエピソードが書かれているのも興味深い。

黒田官兵衛が九州征伐の際に石田三成による息子・黒田長政への言動を見てその程度の器だと見切ったエピソードや、板垣退助が民衆の支持を得ることに長けていた話、島津義弘の関ヶ原における粘り強さなど、歴史小説に登場する人物の逸話が面白かった。
近い系統の本は多々あるが、まずまず面白かった方ではないかと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 火坂雅志,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック