『脳に悪い7つの習慣』:雨読夜話

ここでは、「『脳に悪い7つの習慣』」 に関する記事を紹介しています。
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
林 成之
幻冬舎 2009-09-30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!―脳を鍛える10の方法 (幻冬舎新書)
<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)
脳力開発マップのススメ―凄い才能を自分で創る (NHK出版生活人新書)
ビジネス<勝負脳> (ベスト新書)
望みをかなえる脳


脳神経外科の医師による、脳に良くない考え方や行動を脳科学の観点から解説し、よりよい生活をするためのすすめを語っている作品。

この脳に悪い習慣には「コツコツやる」とか「効率を考える」のように、一般的に正しいとされているものも入っていて、意外性に驚いたり違和感を感じたりする。
それらに対しても脳の働きとの関連で説明がなされていて、そういうものなのかと感じながら読んでいくことになる。

愚痴を言わないようにすること、スポーツや絵の趣味を持つこと、人をほめるといった行為が脳にいいとしているのは、どうやら心理が行動に影響するよりも、行為が心理に影響する部分が多いためのようなのかと思ってしまう。

そして日記やブログを書くのも考えを整理する意味で脳にいいようで、ブログを更新する意欲がわく内容にもなっている。

他にも、例えば陸上や水泳などで「もう少しでゴール」という意識だと十分に力を発揮できないので、「ぶっちぎってゴール」とか「ゴールの先を目標にする」とか「記録を更新する」といった意識付けをした方がいいようなことも書かれている。

正直脳の機能に関する解説の部分はきちんと読んでいないが、考え方の方向は大体理解できた。
感情的にできないであろう部分もあるが、多少は心がけてみようと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック