『蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾』:雨読夜話

ここでは、「『蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾』」 に関する記事を紹介しています。
蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
堂場 瞬一
中央公論新社 2009-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
相剋―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
邂逅―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
漂泊―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
裂壊―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
波紋―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)


警視庁に設けられた架空の部署である行方不明者の捜査に当たる失踪課で、警部の高城が活躍する警察小説シリーズの第1作。

冒頭では、主人公の高城が渋谷中央署にある失踪課の分室に、愛美とともに配属されるところから始まる。

この高城は過去の事件がトラウマとなったことで、酒浸りになった上に鎮痛剤を常用し、しかもヘビースモーカーと、ハードボイルドものの探偵っぽい自堕落なキャラクターとなっている。

さらにこの失踪課がいわくつきの部署で、他の部署で問題となった人物が集まるようになっているのが分かってくる。

そして配属早々、結婚式を間近に控えた赤石という青年が失踪したとの届け出が婚約者と母親から出され、高城と愛美が捜査を開始する。
その中で赤石の過去にまつわるエピソードから、事件が徐々に明らかとなっていく。

事件の導入部や捜査手法はやや地味だが、その分厚みがあってキャラクターの濃さでも読ませていく構成となっている。
本書はシリーズ第1作ということで失踪課の面々を紹介する部分が多く、続編への期待を持ちながら読んでいった。

著者の作品は初めてだったが、警察小説やスポーツを扱った小説が多いようで、これから徐々に読んでいきたいと考えている。



[著者の他の作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 堂場瞬一,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック