『大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」』:雨読夜話

ここでは、「『大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」』」 に関する記事を紹介しています。
大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)
大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)
池上 彰
講談社 2002-04-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界
そうだったのか! アメリカ (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)
そうだったのか! 中国 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)
そうだったのか! 現代史パート2 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)
そうだったのか! 現代史 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)


9.11の翌年に書かれた、池上彰によるイスラム教やイスラム圏の国々について解説している作品。
アメリカでのテロ事件の後ということでイスラム教への何となくの不安や恐怖があったことに対して、丁寧に解説を行っている。

まずユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つが同じ中東で生まれた経典による一神教であることや、それぞれの成立や教義の違いから話を始めている。
そしてキリスト教ではローマ・カトリックにプロテスタント、東方正教会など、そしてイスラム教ではスンニ派とシーア派などと教派が分かれている経緯が書かれている。

次にイスラム教メインの話に移り、世界最大のイスラム教国家がインドネシアであることや、教義も国によってばらつきがあることなどが語られている。

そしてアフガニスタンや中東の話に移っている。
イスラエルと周辺諸国の戦争、イラン革命からのイラン・イラク戦争、イラクとクウェートをめぐる湾岸戦争からサウジアラビアに米軍が駐屯したことからウサマ・ビン・ラディンがテロ活動を活発化させたことなど、イスラム教国をめぐる紛争の事例を解説している。

単にイスラム原理主義が怖い話とせず、あくまで原理主義者の中の一部が過激派としてテロを行っていて、いたずらに恐怖をあおらないようにしている。

細かな話は他の作品を読めばいいとして、入門書としてはまずまずの内容なのではないかと思う。



池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界

池上 彰
ホーム社 2010-09-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 池上彰,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック