『日本史の謎は「地形」で解ける』:雨読夜話

ここでは、「『日本史の謎は「地形」で解ける』」 に関する記事を紹介しています。
日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)
日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)
竹村 公太郎
PHP研究所 2013-10-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 (PHP文庫)
本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー (PHP新書 546)
科学するブッダ 犀の角たち (角川ソフィア文庫)
日本史が面白くなる「地名」の秘密 (歴史新書)
地形から読み解く日本の歴史 (別冊宝島 2159)


元建設官僚の竹村公太郎による、地形や気候、インフラといった下部構造から日本史を考察している作品。
以前読んだ『土地の文明』『幸運な文明』の2冊を再編集したもので、著者の経験やエッセイ的な部分が加えられている。

以前上述の2冊を読んだ時は家康や徳川幕府関係者による江戸近辺を中心とした関東地方の都市計画の見事さが強く印象に残り、本作でも改めて関東地方の潜在的な発展性に着目した家康はすごいと思わされる。

また、都市が交流軸や河川の大きさ、森林の状況などに影響されるという視点から、奈良や京都がいかにして首都に定められてその後遷都することになったかが書かれている。
海面が現在よりも高かったり干拓が進む前の過去の地図を見ると、現在では内陸部と思われる地域も水運のいい場所に都市が建設されていることが分かって興味深い。

このあたりは以前読んだ『爆笑問題のニッポンの教養 現代の秘境は人間の"こころ"だ 芸術人類学』で、中沢新一教授がアース・ダイバーと呼ぶ手法であり、そのような話を読んだと思い出しながら読んでいった。

結果的に再読に近いような感じで読んだわけだが、再認識できたり新たに感想を持った部分があったりして、読んでよかったと思う。



日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 (PHP文庫)

竹村 公太郎
PHP研究所 2014-02-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)

竹村 公太郎
PHP研究所 2014-07-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 竹村公太郎, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック