『ネットのバカ』:雨読夜話

ここでは、「『ネットのバカ』」 に関する記事を紹介しています。
ネットのバカ (新潮新書)
ネットのバカ (新潮新書)
中川 淳一郎
新潮社 2013-07-13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
ウェブで儲ける人と損する人の法則
ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」 (宝島社新書 307)
ネットが社会を破壊する ──悪意や格差の増幅、知識や良心の汚染、残されるのは劣化した社会
ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること


『ウェブはバカと暇人のもの』の著者でニュースサイト編集者という肩書を持つ中川淳一郎による、ネットが普及した現在が思われているほど儲かるわけでも平等なわけでもないことを書いている作品。

現在はネットが当たり前に存在するものとして受け入れられている過渡期としていて、実際はネットではリアルな世界以上に格差が激しいことや、企業経営者や芸能人などリアルで成功している人が圧倒的に有利なことなど、ネットへの幻想はあまり存在しないことを語っている。

例えばGREEやモバゲーのような無料でもプレーできるが課金すると有利になるサービスでは無料でのプレーヤーは課金した人を盛り上げる役割を果たしているとしていて、この手のサービスでも何らかの意味で代価を払っているのだと感じる。

そしてタイトルにあるように、ネットでバカなことをしてしまう人の事例を多数挙げている。
例えば不法行為を自慢げにアップしたり、有名人のプライベートを暴露して多くの人から反発を受けて個人情報を特定されてしまうなど、このような人が横行すること自体ネットが普及した証なのだろうと感じた。

著者がクライアントに対し、ネットには過大な期待を抱かずにほどほどに楽しむくらいのスタンスがいいという提言をしていたのが印象に残った。
ネットに時間を使いすぎたり振り回されるのではなく、楽しんで使いこなすことが大切なのだろうと思う。



ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

中川淳一郎
光文社 2009-04-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック