『リニアが日本を改造する本当の理由』:雨読夜話

ここでは、「『リニアが日本を改造する本当の理由』」 に関する記事を紹介しています。
リニアが日本を改造する本当の理由 (メディアファクトリー新書)
リニアが日本を改造する本当の理由 (メディアファクトリー新書)
市川宏雄
メディアファクトリー 2013-06-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
東京五輪で日本はどこまで復活するのか (メディアファクトリー新書)
山手線に新駅ができる本当の理由 (メディアファクトリー新書)
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」 (集英社新書)
徹底詳解 リニア中央新幹線のすべて
危ないリニア新幹線


2027年に東京-名古屋、2045年に東京-新大阪で開通が予定されているリニア新幹線について、必然性や現在の構想、実現によってもたらされるであろう経済効果などを解説している作品。
著者は都市工学が専門で、『山手線に新駅ができる本当の理由 』という作品で知られているらしい。

まずJR東海が線路だけでなく駅の建造費も負担することを決めた背景には東海道新幹線の線路やトンネル、橋などが老朽化しているという問題があり、費用をかけてでも早く中央新幹線を開通させて東海道新幹線のメンテナンスを行いたいとの思惑があると書かれており、知らなかったので少し驚いた。

次に、東京から名古屋にかけての、東京、神奈川、山梨、長野、岐阜、愛知の一都五県に建設される駅の大まかな位置や建設ルートについて書かれている。
基本的には人口密集地では地下に、そうでもないところは地上に駅を建設することとなっており、各駅の地理的な環境が分かって興味深い。

そして、リニア新幹線ができた際の影響について語っている。
東京と名古屋の所要時間が40分となることで、運賃はともかく時間で言えば千葉市や小田原市と同等の通勤圏内となり、巨大なベッドタウンができるのと同様の効果をもたらすとしている。
また、東京から中部国際空港(セントレア)を利用することが選択肢に入ったり、リニア新幹線が飛行機の国内線の分を引き受けることで羽田空港がより国際線に力を入れることができること、東京での始発駅と目されて羽田とも近い品川が大規模なターミナルとなることなどが書かれている。

当然リニアには多額の費用や環境への負荷、ストロー効果と呼ばれる地方から都市への人口の流出などの課題もあるわけだが、まずはどのような構想が考えられるかを知ることができ、読んでよかった。

著者の作品に関心を持ったので、前著である『山手線に新駅ができる本当の理由 』もそのうち読んでみようと思う。



山手線に新駅ができる本当の理由 (メディアファクトリー新書)山手線に新駅ができる本当の理由 (メディアファクトリー新書)

市川宏雄
メディアファクトリー 2012-08-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック