『戦国武将に学ぶ名補佐役の条件』:雨読夜話

ここでは、「『戦国武将に学ぶ名補佐役の条件』」 に関する記事を紹介しています。
戦国武将に学ぶ名補佐役の条件 (PHP文庫)
戦国武将に学ぶ名補佐役の条件 (PHP文庫)
童門 冬二
PHP研究所 1999-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」 (講談社プラスアルファ文庫)
参謀は名を秘す―歴史に隠れた名補佐役たち (日経ビジネス人文庫)
将の器・参謀の器―あなたはどちらの“才覚"を持っているか (青春文庫)
戦国武将の危機突破学 (日経ビジネス人文庫)


黒田官兵衛、本多正信、直江兼続、小早川隆景といった典型的な軍師タイプの武将から、明智光秀や松田憲秀、山中鹿之助のように諸事情でつらい最後を迎えた者、秀吉や家康、鍋島直茂などの後にナンバー1にのし上がった人物など、補佐役やナンバー2と呼ばれるポジションの人々の業績について解説している作品。

当時仕えていた戦国大名のタイプや政治情勢、主君のキャラクターなどとの兼ね合いもあり、さまざまなタイプの補佐役がいたことがより分かってくる。

既に知っている話も少なくないが、読みやすい構成となっていて気軽に楽しむことができる。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 童門冬二,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック