『スクープ』:雨読夜話

ここでは、「『スクープ』」 に関する記事を紹介しています。
スクープ (1) (集英社文庫)
スクープ (1) (集英社文庫)
今野 敏
集英社 2009-02-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ヘッドライン (集英社文庫 こ 28-12)
クローズアップ (3) スクープ
禁断 横浜みなとみらい署暴対係 (徳間文庫)
逆風の街―横浜みなとみらい署暴力犯係 (徳間文庫)
デビュー (実業之日本社文庫)


今野敏による、報道番組の遊軍記者がスクープを得るべく活躍する7編の連作。

主人公の布施は会議に遅刻してデスクの鳩村に叱責されるなどの問題行動も多いが、独自の情報ルートを活かして数々のスクープをものにしている。

布施が扱う事件は芸能界での薬物汚染、企業役員の狙撃事件の裏、書かれた当時話題となっていた住専がらみのスキャンダルなどで、ヤクザや不良外国人が集まる危険な場所へも取材に出かけていく。

そして警視庁捜査一課刑事の黒田や、女子アナの香山恵理子、新聞記者の持田といった個性豊かな面々も加わり、話を盛り上げていく。

書かれてから15年以上経っているので話題や小道具で古びている記述もあるが、気軽に楽しむことができた。



[本書の続編]

ヘッドライン  (集英社文庫 こ 28-12)ヘッドライン (集英社文庫 こ 28-12)

今野 敏
集英社 2013-04-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クローズアップ (3) スクープクローズアップ (3) スクープ

今野 敏
集英社 2013-05-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 今野敏,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今野敏 『スクープ』(集英社文庫)、読了。 長編かと思ったら短編集でした(苦笑)。 お気楽に読めて、面白かったです。 夜のTVニュースで社会部遊軍記者を務める主人公。 ちょっとルール違反な取材を飄々と進めて、スクープをものにする。 そして、警視庁の刑事部長とも太いパイプを持ち・・・・。 マスコミ記者を主人公としつつ、 マスコミ報道の在り方に自虐的なやり取りが多く、 ...
2014/07/05(土) | 観・読・聴・験 備忘録