『ゲームシナリオのためのSF事典 知っておきたい科学技術・宇宙・お約束110』:雨読夜話

ここでは、「『ゲームシナリオのためのSF事典 知っておきたい科学技術・宇宙・お約束110』」 に関する記事を紹介しています。
ゲームシナリオのためのSF事典 知っておきたい科学技術・宇宙・お約束110 (NEXT CREATOR)
ゲームシナリオのためのSF事典 知っておきたい科学技術・宇宙・お約束110 (NEXT CREATOR)
クロノスケープ (著), 森瀬 繚 (監修)
ソフトバンククリエイティブ 2011-04-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ゲームシナリオのためのファンタジー事典 知っておきたい歴史・文化・お約束110 (NEXT CREATOR)
ゲームシナリオのためのミリタリー事典 知っておきたい軍隊・兵器・お約束110 (NEXT CREATOR)
ゲームシナリオのためのミステリ事典 知っておきたいトリック・セオリー・お約束110 (NEXT CREATOR)
クリエイターのためのSF大事典
クリエーターのためのネーミング辞典 (一般向辞典)


SFに登場する道具や設定、テーマなどについて、項目ごとにその解説や課題・問題点、扱う上でのポイントなどを書いている事典読み物。
作品の性質上、好きなところから読んでいくことができる。

科学技術、巨大構造物、生命、世界・環境、宇宙、テーマの6章に大別し、1項目当たり見開き2ページという構成になっている。

下記に挙げている作品の設定、例えば宇宙エレベーターやシフトアップ(人類が次の段階へ進化すること)、異星人の侵略などについて割と丁寧に解説されていて、こうした作品を思い出しながら読んでいった。

また、『テラフォーミング―「異星地球化計画」の夢』で紹介されていた、アメリカのダイソン博士が考案したダイソンスフィア(太陽系を球状にすっぽり覆ってエネルギーを有効活用する)というアイデアも出ていて、その発展形が『リングワールド』(購入したけど未読)につながっていることを知ったので、読んでおこうと思った。

性質上あまり好きではなかったもの(破滅につながるような暗いテーマ)や、難しそうと感じて敬遠していたもの(サイバーパンクなど)についても書かれていたので読み、あまり食わず嫌いもいけないかもしれないと感じた。

ほとんど知らなかったものもあり、例えば欧米ではスチームパンクと呼ばれる、18世紀から19世紀初頭を舞台とした蒸気機関で動く現代風の機械とファンタジーが絡んだような作品が流行していることを知り、興味深いと思った。
英国であればシャーロック・ホームズが活躍したとされる時代であり、映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』に出てくる妙な機械仕掛けのからくりもその流れで作られたものなのかもしれないと思った。

単に題材の紹介だけでなく、それらの技術面や道徳面からみた課題や、ゲームシナリオを作るうえではどのような設定にすれば効果的なのかなども書かれていて、興味深く読むことができた。

題材ごとに代表的なSF小説や科学読み物も紹介されていてブックガイドとしても活用できたので、これらの作品で関心のあるものも読んでみたいと思う。




[参考文献に挙げられていた作品の一部]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック