fc2ブログ

『ニッポン地下観光ガイド』:雨読夜話

ここでは、「『ニッポン地下観光ガイド』」 に関する記事を紹介しています。
ニッポン地下観光ガイド
ニッポン地下観光ガイド
小島 健一 栗原 亨 小林 哲朗 津村 匠
アスペクト 2008-01-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
社会科見学に行こう!
みんなが知りたい地下の秘密 洪水時のあふれた水を取り込む地下トンネルとは?地下鉄の上り線と下り線を同時につくる技術とは? (サイエンス・アイ新書)
潜入! TOKYO地下ダンジョン (別冊宝島 1995 ノンフィクション)
ニッポンの洞窟 (イカロス・ムック)
大東京の地下99の謎―帝都の地底に隠された驚愕の事実 (二見文庫)


国内の地下にある建造物や洞窟などを25選び、カラー写真と文章にて解説している作品。

他の地下に関係する本でも取り上げられることの多い首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)や神流川発電所(群馬県上野村)、大谷石地下採掘場跡(栃木県宇都宮市)の他、2つのダム湖の高低差を利用して発電する大河内ダム(兵庫県神河町)や、自動車が通る関門トンネルとは別に人が通るための関門トンネル人道、岡山県にある井倉洞(新見市)や棚原坑道跡(美咲町)などが紹介されている。

特に放水路や発電所、道路といったライフラインに関係する施設は一般に思われている以上に巨大なものが多いことや、迫力ある機械、長年使用されてきた採掘場の壁のリアルさなどが伝わってくる。

この中には一般公開されている施設も多く、交通アクセスや入場料・見学料の有無、公開時期なども掲載されている。
距離や交通の便などの事情があって行きづらそうなところも多そうだが、いつか行ってみたい気分になる。



あなたの知らない地下のびっくり話 (KAWADE夢文庫)あなたの知らない地下のびっくり話 (KAWADE夢文庫)

現代ふしぎ調査班
河出書房新社 2012-08-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック