『天下、なんぼや。』:雨読夜話

ここでは、「『天下、なんぼや。』」 に関する記事を紹介しています。
天下、なんぼや。
天下、なんぼや。吉川 永青
幻冬舎 2014-09-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
窓から逃げた100歳老人
誉れの赤
野望の憑依者 (文芸書)


戦国末期から江戸初期にかけての時代、鴻池屋を創業した鴻池新六(山中幸元)の活躍を描いた歴史小説。

話は新六が伊丹にいる大叔父のもとを頼って、飢えをしのぎながら出かけるところから始まる。
そして大叔父が亡くなった後は大鹿屋という酒蔵で丁稚奉公を始めるが、以蔵という杜氏から殴る蹴るといった厳しすぎる指導を受ける。

その後も元同僚や近所に住む豪農の息子からのいやがらせ、店を持った後での風評被害や仲買人との関係など、多くの問題に遭遇する。

そうした中、あるきっかけで清酒を造ることに成功したことや、家康の知遇を得たことなどから徐々に商人として成功を重ねる。

家康やその家臣である酒井忠利、大阪の大商人である淀屋善右衛門らと交流を重ねるうちに、新六が過去の体験から武士が嫌いで商売をしようとしなかったところから、より大きな視点で世の中を銭の力でいかに良くしていくかを考えるようになっていく。

新規参入業者による競合や、新規事業が儲けられるサイクルなど、経営やマーケティングに出てくるような話が出てくるので、経済小説としても読むことができる。

新たなタイプの歴史小説という感じを受け、興味深く読んでいった。



[鴻池新六を主人公にした他の歴史小説]

月に捧ぐは清き酒 鴻池流事始月に捧ぐは清き酒 鴻池流事始

小前 亮
文藝春秋 2014-03-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[本書で参考文献に挙げられていた作品]


[著者の他の作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック