『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』:雨読夜話

ここでは、「『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』」 に関する記事を紹介しています。
ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒 (講談社+α新書)
ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒 (講談社+α新書)
適菜 収
講談社 2012-04-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体 (講談社+α新書)
キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』 (講談社+α新書)
日本を救うC層の研究
日本をダメにしたB層の研究
バカを治す (フォレスト2545新書)


キリスト教における弱者こそが権力者だとする考え方、そしてそれに派生する平等や民主が至上という考え方の危険性についてニーチェが指摘していたことを語っている作品。

耳障りのいいフレーズに踊らされることの多い層をB層と呼ばれているらしく、このB層は上記の考え方を持った層でもあるという。
現代はこうしたB層を狙ったマーケティングや世論誘導が行われるだけでなくB層の人々が政治家になっていることが問題としている。

例として挙げられたのは原口一博、安住淳、松本龍といった本書発行時に政府高官だった民主党の議員たちが多く、中でも菅直人を反知性的な傾向があるとか独裁志向を持つとしているなどと手厳しい。

民主主義は尊いものと無条件に考えてしまいがちだが、衆愚やポピュリズムといった問題点もあり、ニーチェや著者はこうした傾向を危険視している。
おそらくこのあたりは古代のアテネあたりから人類が何度もやらかしてきた失敗であり、当分正解が出ない問題でもある。

これに対して著者が語っているのは、B層の人にはつける薬がないという身も蓋もないという結論で、現在のB層の人が跋扈する中でいかに正気を保つかという話になっている。

著者は選挙に行かないことを公言していて、その理由に選挙で世の中を変えられるという考え自体に批判的で、能力のあるしかるべき人がしかるべき役割を果たすべきという感じの論調からすると、エリートが支配する階級社会が望ましいと言っているように見える。

以前読んだ著者の『新編 はじめてのニーチェ』は面白かったが、本書は少々語り口に引っかかるところが多かったように思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック