fc2ブログ

『夜はわが友』:雨読夜話

ここでは、「『夜はわが友』」 に関する記事を紹介しています。
夜はわが友 (創元推理文庫)
夜はわが友 (創元推理文庫)
エドワード・D. ホック (著), 木村 二郎 (翻訳)
東京創元社 2001-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
サム・ホーソーンの事件簿3 (創元推理文庫)
サム・ホーソーンの事件簿〈5〉 (創元推理文庫)
サム・ホーソーンの事件簿〈2〉 (創元推理文庫)
怪盗ニックを盗め (ハヤカワ・ミステリ文庫)
怪盗ニック対女怪盗サンドラ


著者のエドワード・D・ホックは一見価値のないものしか盗まない盗賊の怪盗ニック・ヴェルベットや、不可能犯罪を推理する医師であるサム・ホーソーンなどシリーズもの連作を書くミステリー作家と見られているが、本書はシリーズ連作ではない短編を集めた作品。

街角のシンガーソングライターであるジョニーが女性の死から殺人、さらにはスキャンダルへエスカレートする事件に遭遇する表題作の他、ボクシングの世界チャンピオンになったばかりのジムが謎の男から挑戦を受けるという「陰のチャンピオン」、少年の頃地元の町であった伯父さんの死をめぐるミステリーを語った「秘密の場所」など、軽めのミステリーやサスペンス、ハードボイルドといったほろ苦く情感ある作品が集まっている。

サム・ホーソーンのようなあっと驚くような推理や、ニックのあざやかな仕事ぶりとは感じを異にしているが、ほんのちょっとした食い違いが生む悲劇や、人生のうまくいかなさを描くものが多くて後に残るような読後感を残した。多少の出来不出来はあるが、全体的にはいい作品なのだろうと思う。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : エドワード・D・ホック,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック